070-485復習問題集 資格取得

あなたの人生をよりカラフルにしたいのですか。ここで成功へのショートカットを教えてあげます。即ちMicrosoftの070-485復習問題集認定試験に受かることです。 数年以来IT認証試験のためのソフトを開発している我々Ataulaチームは国際的に大好評を博しています。我々はMicrosoftの070-485復習問題集のような重要な試験を準備しているあなたに一番全面的で有効なヘルプを提供します。 Ataulaのトレーニング資料は100パーセントの合格率を保証しますから、あなたのニーズを満たすことができます。

Microsoft Visual Studio 2012 070-485 確かに、これは困難な試験です。

あなたは我々社の提供する質高いMicrosoft 070-485 - Advanced Windows Store App Development using C#復習問題集問題集を使用して、試験に参加します。 AtaulaのMicrosoftの070-485 テスト模擬問題集試験トレーニング資料は豊富な経験を持っているIT専門家が研究したもので、問題と解答が緊密に結んでいるものです。Microsoftの070-485 テスト模擬問題集試験トレーニング資料は現在、市場上で一番質のいい学習教材です。

また、我々Ataulaは量豊かのMicrosoft 070-485復習問題集試験資料を提供しますし、ソフト版であなたにMicrosoft 070-485復習問題集試験の最も現実的な環境をシミュレートさせます。勉強中で、何の質問があると、メールで我々はあなたのためにすぐ解決します。心配はありませんし、一心不乱に試験復習に取り組んでいます。

Microsoft 070-485復習問題集 - あなたはそれをやったことができましたか。

Ataulaの070-485復習問題集には何か品質問題があることを見つければ、あるいは試験に合格しなかったのなら、弊社が無条件で全額返金することを約束します。Ataulaは専門的にMicrosoftの070-485復習問題集試験の最新問題と解答を提供するサイトで、070-485復習問題集についての知識をほとんどカバーしています。

AtaulaのMicrosoftの070-485復習問題集試験トレーニング資料の値段は手頃で、IT認証の受験生のみなさんによく適用します。AtaulaのMicrosoftの070-485復習問題集試験資料は同じシラバスに従って研究されたのです。

070-485 PDF DEMO:

QUESTION NO: 1
You need to implement the behavior requirements for the photo viewer.
Which controls should you create?
A. Create two SemanticZoom controls and one ListView control.
B. Create one SemanticZoom control and one ListView control.
C. Create one ScrollViewer control, one SemanticZoom control, and one GridView control.
D. Create two GridView controls and one SemanticZoom control.
Answer: D

QUESTION NO: 2
You need to modify the existing GetCurrentEnvironmentAsync() method in the Environment
WinMD component to accept parameters.
Which type should you use at line CE07?
A. dynamic
B. List<string>
C. Task<EnvironmentalStatus>
D. IList<string>
Answer: D

QUESTION NO: 3
You need to set the PlayTo source in the LoadFile() method. Which line of code should you insert at line PT30?
A. element.SetSource(videoFile, contentType);
B. playToManager.SetSource(stream, contentType);
C. dispatcher.SetSource(stream, contentType);
D. element.SetSource(stream, contentType);
Answer: D

QUESTION NO: 4
You need to ascertain whether the device that the app is running on has a compass.
Which line of code should you insert at line CE43?
A. while(Windows.Devices.Sensors == Compass)
B. if (Compass.GetDefault() != null)
C. if (Compass.GetDefault() == Compass.FirstOrDefault)
D. if(Compass.GetCurrentReading() != null)
Answer: B

QUESTION NO: 5
You need to implement the requirements for streaming media.
What should you do? (Each correct answer presents part of the solution. Choose all that apply.)
A. Ensure that the app stays in the foreground while media is being streamed.
B. Enable access to the Pictures Library.
C. Enable access to the Videos Library.
D. Register for the SourceRequested event.
E. Enable access to the Music Library.
F. Register for the PlayRequested event.
Answer: C,D
Explanation:
From scenario:
Team members must be able to stream video clips to other devices in the vicinity of the team member's device. The app will not support the streaming of photographs.
D: You can use Play To to stream the audio or video in your application, as well as images, by implementing the Play To contract. To implement the Play To contract in your application, register for the sourceRequested event. Note: To register for the sourceRequested event, get a reference to the current PlayToManager by calling the getForCurrentView method. You can then call addEventHandler on the PlayToManager to associate your event handler with the sourceRequested event. In your event handler, pass the media element from your application to the setSource method of the PlayToSourceRequestedEventArgs object passed to the event handler as shown in the following example. // Play To Contract
private Windows.Media.PlayTo.PlayToManager ptm =
Windows.Media.PlayTo.PlayToManager.GetForCurrentView();
protected override void OnNavigatedTo(NavigationEventArgs e)
{
ptm.SourceRequested += sourceRequestHandler;
}
private void sourceRequestHandler(
Etc.

MicrosoftのPalo Alto Networks PSE-Endpoint-Associate認定試験に受かるためにがんばって勉強していれば、Ataulaはあなたにヘルプを与えます。 試験に準備するときにはあまり多くの時間を無駄にすることを避けるように、Ataulaは短時間の勉強をするだけで試験に合格することができるVeeam VMCE_V9問題集が用意されています。 EMC DES-1D11 - いいえ、あなたはきっと非常に誇りに思うでしょう。

070-485 復習問題集 - 070-485 シュミレーション問題集 - Advanced Windows Store App Development Using C#

PDF問題と解答

試験コード:070-485
試験名称:Advanced Windows Store App Development using C#
最近更新時間:2018-04-21
問題と解答:全 163
Microsoft 070-485 問題数

  ダウンロード


 

模擬試験

試験コード:070-485
試験名称:Advanced Windows Store App Development using C#
最近更新時間:2018-04-21
問題と解答:全 163
Microsoft 070-485 最新関連参考書

  ダウンロード


 

オンライン版

試験コード:070-485
試験名称:Advanced Windows Store App Development using C#
最近更新時間:2018-04-21
問題と解答:全 163
Microsoft 070-485 無料ダウンロード

  ダウンロード


 

070-485 関連資格試験対応

 | Ataula sample | Ataula download | Ataula quiz | Ataula dump | Ataula exam sitemap